スポンサードリンク

2016年07月08日

一理ある愛 あらすじ20話

スポンサードリンク




ヒテの母親は朝早くからジュンの工房に行き、ジュンをミスター・チャンだと
言って家に連れて来て、家族を困らせます。

ヒテとイルリは、仕方ないのでヒテの母親に合わせ、ジュンには今日だけだからと
合わせてもらい朝食を食べ始めます。

そこにヒテの父親が入ってきて、若い男をミスター・チャンと呼び、自分を
忘れてしまったことに腹を立て怒鳴り合いの夫婦ケンカになります。

ヒテもイルリもそしてジュンも胸を痛めるのでした。

ジュンはヒテの実家で時間をかけて家族が作り出した空気に、不安を覚え
その不安はジュンを飲み込み始めるのでした…

そんな中、イルリの母親はヒテに、娘を手放して…イルリを返して…あなたが
つらいのは分かるわ。でも娘に何の罪が?ヒスさんだけじゃなくて、
母親の面倒まで見させるなんて…と頼みます。

ヒテは、返すつもりでした。これから戻って話します。ご心配なく…と
答えます。

帰宅したヒテはイルリに、そのことを話そうとしますが、久しぶりの
和やかな雰囲気の家族を見ると、なかなか言い出せないのでした。

一方、ジュンはイルリがヒテの実家にいることが不安で仕事が手につかず、
ヒテの家に押しかけ、早く出てこい!とイルリに怒鳴ります。

工房でイルリはジュンに、がっかりしたわ!よくも家族の前で…ヒテさんの立場は?と怒ります。

ジュンは、くると約束した…なぜ来ないんだ!理由はあれか?踊って 笑って騒いで!と腹を立てます。

イルリは、お義母さんのためよと答えます。

ジュンは、だから止めたんだと話します。

イルリは、あなたには関係ないでしょ。信じるべきよ!私が どこで何を
しても理解して信じるべきだわ!と言います。

ジュンは、あの家族が信じられないんだ。いいように使ってる!と声を荒げます。

イルリは、言い過ぎだわ!あの人たちを侮辱しないで…と言います。

ジュンは、俺は何なんだ?俺はあの家族よりも下なのか?俺か?ヒテか?
どちらかを選べと迫ります。

イルリは、何も言わず工房を出て行きます。

つづく
(感想)
イルリの気持ちは、ジュンにあるのかヒテにあるのか、
私も分からないな〜 ジュンの気持ちの方が理解できるな(^_^;)
タグ:一理ある愛

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 12:53 | 一理ある愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート