スポンサードリンク

2016年07月12日

一理ある愛 あらすじ22話

スポンサードリンク




数日後、ジュンはイルリにこの前 あの家に押しかけたことを謝るよ。
やり過ぎた…許してくれ…と謝ります。

イルリは、私も謝るわ。あなたの嫌なことをして…と言います。

ジュンは、お義母さんの容態は?と聞きます。

イルリは、落ち着いたみたいよ。お義姉さんも…大丈夫?驚いたでしょと
ジュンを気遣います。

ジュンは、自業自得だ…と落ち着かない態度をとります。

イルリは、何かあったの?話してちょうだいと聞きます。

ジュンは、2人でこの町を出よう。祖父と暮らした家がある。そこに工房を移すつもりだ。
一緒に行こう。俺が家具を作ってイルリは営業を…と話します。

イルリは、同業者になるのね。私はここで生まれて育ったの。家族も友達もみんな
ここにいるし 好きな店も この町にあると言います。

ジュンは、俺も家族を作りたいんだと告げます。

イルリは家族を作るという意味が分かってるの?家族は好き勝手に作ったり縁を
切ったりできないの。もし作ったとしても…あの日見たでしょ…
私のお義母さんの気持ちを理解できる?と聞きます。

ジュンは、私のお義母さん?もう違うだろ!もう1人は嫌なんだ…
嫌になった…1人で食事して 1人で働いて 1人で寝ることが…だから君が作ってくれ
俺の家族をと声を荒げます。

イルリはジュンの様子が変だと気づき車のドアを開けてと言いますが、
ジュンは突然車のアクセルを踏み乱暴な運転をしますが、イルリを家まで送ると、
俺を弄んで楽しかった?と聞きます。

何も答えないイルリにジュンは、俺は面白くない。だから終わりにする…
諦めてやるよと車に乗り去っていきます。

一方、ヒテの乗った海洋調査船で火災が発生し、イルリは心配のあまり
過呼吸に陥ってしまいます。

そんな中、火災は鎮火され、ヒテは無事に戻ってきます。

ヒテはイルリが過呼吸になり意識が戻らず集中治療室にいると聞いて、
病院に駆けつけます。

一方、ジュンはイルリの意識が戻らないことを知り、病院へ駆けつけ、なぜ
知らせなかったとヒテに迫りますが、お前は家族でも何でもないだろと突き放されます。

ジュンはイルリにひどいことを言ったことを後悔します。

5日たってもイルリは意識が戻らないのでした。

そんな中、ヒスは夢の中でイルリに会いにきます。その時ヒスは亡くなったのでした。

つづく
(感想)
イルリが過呼吸になり、意識が戻らないなんて…
どうしちゃったのかしら?
タグ:一理ある愛

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 17:36 | 一理ある愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート