スポンサードリンク

2016年07月13日

一理ある愛 あらすじ23話

スポンサードリンク




イルリの意識が戻り、ヒスが亡くなったことを知って涙を流します。

数日後、イルリは海苔巻きを作りジュンを訪ねます。

ジュンは、退院したばかりなのに動いて大丈夫?と聞きます。

イルリは、食べて!あなたが作ったのとは大違いよ。集中治療室にいた時、
会いに来てくれたでしょ。意識が戻った時も?と聞きます。

ジュンは、何が聞きたいんだ?と返します。

イルリは、そばにいてくれたことにお礼を言いたくて…と答えます。

ジュンは、俺じゃない 他の人では?とぶっきらぼうに言います。

イルリは、そして ごめんなさい 泥沼≠セと言って…泥沼を経験したと
いう言葉を取り消すわ。考えてみたら違ったから。あなたのことがあったから
自分を見つめ直せたと話します。

ジュンは、らしくないな…と答えます。

イルリは、いろいろと謝りたいの。十分 尽くせなかったこと…中途半端だったこと…
不安にさせたこと…全部謝るわ…そして ありがとう…本当に感謝してるわ。
私を成長させてくれて…と話すのでした。

ジュンはカフェに行きギテにヒテの居場所を尋ね、釣りをしている場所に行き、
俺たちは引っ越します。南の方へと告げます。

ヒテは、どっちにしろ俺には関係ない…と答えます。

ジュンは、注文の品ですとイスを直接渡しにきたのでした。

ヒテは、ふざけるな!と怒ります。

ジュンは、ふざけるために ここまで来たと?と言います。

ヒテは、怒らせるために来たのか!と返します。

ジュンは、注文したのは あなたですよ。お願いがあります。結婚式で祝福を…
知り合いが少ないのでと言います。

ヒテは、お前の隣に立つ女が誰か考えろ!と声を荒げます。

ジュンは、イルリを任せるといったのに…分かりました祝辞は別の人に
頼みますと立ち去ります。

帰宅したヒテはイルリの置いて行った手紙を読みます。私は あなたから去るわ。
本当に終わりにするの。嫌いになったんじゃない…あなたも同じだと思うわ…
でも2人とも傷ついたし その傷が大きすぎる。傷を見る度に
あなたを責めたくないし 責められたくもない。でも感謝してるわ。
傷ついた分 成長できたから。今まで本当に ありがとう。そして ごめんね≠ニ書いてあるのでした。

ヒテは、妻にとって謝罪の言葉は もう愛せないという意味だ…妻がそう
決めたなら祝福しよう。どこへ行こうと応援しようと思います。

そんな中、ヒテとイルリは街中で偶然 出会います。

ヒテはイルリに、ジュンと去るんだろ?やつから直接聞いたんだ…幸せになれ。
そんなことしか言えないが…と言います。

イルリは、本心なの?他の人と幸せになってほしい?と聞きます。

ヒテは、うん…と心から答えます。

ヒテはイルリに、引越し祝いだと思って受け取ってくれとイスを見せます。

イルリは、ここに置いておいて…あなたが注文してジュンさんが作った…
私は本当にひどい女ね…と言います。

ヒテは、知らなかったんだろと言います。

イルリは、でも結局 こんなことになった…と答えます。

ヒテは、やつにも話してある。たくさん迷惑をかけたな…申し訳ない気持ちを
愛だと錯覚してた…それに気づいたのに お前は去ると話します。

つづく
(感想)
ヒテは街中で見たイルリにときめきを感じながらも、
イルリのことを考えて自分の本当の気持ちを言えずにいるのが
理解できて、ヒテって本当に大人なんだなって思ったヽ(´o`;


タグ:一理ある愛

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 20:18 | 一理ある愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート