スポンサードリンク

2017年10月30日

私の心は花の雨 あらすじ8話

スポンサードリンク




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓


私の心は花の雨 あらすじ8話

スチャンは手かがりをたどり、イルランがミソン製菓の常務になっていることを突き止めるのでした。

スチャンはイルランに、名前まで変えたのか?チョン・イルランって名前もいいのにと言います。

イルランは、なぜ現れたの?二度と現れない約束よ!と聞きます。

スチャンは、そのつもりだったが 手持ちが空っぽになってさ。それで お前を思い出したんだと答えます。

イルランは、この前のお金は?大金だったのよと怒りを抑えて言います。

スチャンは、とにかく今は金欠なんだよ!ミソン製菓の常務らしく太っ腹にいこうぜ!小学校も出てない酒場の女が大企業の常務か…不思議なこともある…と脅します。

イルランは、頼むから消えて…お金は用意するからと仕方なく答えます。

一方、コンニムはソノに、実はあなたを変な人だと誤解してましたと変態と思い込んでいましたが実は誠実な人柄であることが分かったと謝罪します。

しかし、その時、ソノは手下が隠していた成人雑誌を手から落としてしまい、それを見たコンニムは悲鳴を上げホウキでソノを叩きます。

その頃、ヨニはボランティアで行ってる施設でヨンジ(ミソン製菓の工場長で義兄ドクスの娘)を孤児だと思い込み、マフラーを編んでプレゼントします。

ヨニはヨンジを施設まで送ろうとしますが、ヨンジはミソン製菓の前でパパを紹介するから待っててと言ってミソン製菓に入って行くのでした。

ヨンジがパパを連れてくるとヨニの姿はないのでした。
スポンサードリンク





一方、イルランは会社の金庫からお金を持ち出すと、喫茶店でスチャンにお金を渡します。

そこに偶然通りかかったドクスが喫茶店に入ってきてイルランに声をかけます。

驚いたイルランはとっさにスチャンをスチャンをペクソンの営業部長だと取り繕います。

翌日、ドクスはその時のイルランの態度を不審に思い、調べてみるとイルランがうそをついていることが判明します。

ヘジュは劇場に映画を見に行きチケット売り場で働くコンニムをみつけ話しかけます。

ヘジュはコンニムに、実は好きな人がいるの…でも彼が黙って休学したから悔しくて合コンに行ったけど彼以上の人はいないと思い知らされたわと打ち明けます。

コンニムは、あなたに黙って?それはひどいわ。彼は人を見る目がないのねと慰めます。

へジュは、おしゃべりで気が晴れた。友達にならない?と提案します。

コンニムは、私はいいけど…と答えます。

ヘジュは、これからは時々寄らせてもらうわと握手をします。

コンニムは仕事を終え帰宅途中、チンピラに襲われそうになりソノに
助けてもらいますが、逃げる時靴を片方なくし、ソノが自分の靴の片方を履かせてくれたことで、ソノの優しさを感じるのでした。

一方、イルランはドクスがペクソンにイ・スチャンがいるか調べていたことを知ります。

そんな中、ドクスはイルランの机にあったメモの住所を訪ねて行きます。

つづく

私の心は花の雨 あらすじ8話
(感想)

ドクスって人がいいねー だまされやすい人かもしれない。

義兄の自分と義母がいるから、イルランが夫を亡くし20年近く
独り身でいたから、スチャンを恋人なのかもしれないと思ったのね。





見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 11:51 | 私の心は花の雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート