スポンサードリンク

2018年01月30日

雲が描いた月明かり あらすじ6話

スポンサードリンク




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで雲が描いた月明かりを無料で見る!

雲が描いた月明かり6話

「言えない秘密を言いたくなる時」

世子ヨンはユンソンに、ラオンは私の人だと宣言します。

ユンソンは、はい 東宮殿の人ですと答えます。

世子ヨンは、ゆえに下がれと命じます。

ユンソンは、許さぬのはラオンを連れて行くのが私だからですか?と問います。




世子ヨンは、思い上がるな!と言います。

ただならぬ雰囲気の中、ユンソンとラオンに妓生たちが声をかけます。

この場を離れたいラオンは、いいですね。今宵は皆で楽しく遊びましょうと答えるのでした。

翌日、礼曹判書チョ・マニョンの娘ハヨンは王宮にやってきて、
昨日の風燈祭で出会った相手は世子だと知り興味を持ちます。

そんなある日、ラオンは太平館宿直をするために向かうと、中国の 使臣団がいて、あの踊り子は お前だったのか?何ゆえ内官の格好をして宮仕えをしておるのだ?と近づいてきます。

その時、ヨンが現れ、危険を冒してラオンを救い出しますが、ラオンは牢に入れられ清国に連れていかれることになります。

ラオンは、ヨンが王様に涙ながらに一晩中 王様に自分を救うために訴えたことを聞かされ心を痛めます。

ヨンは危険をおかし、ラオンを使臣団から救い出そうとします

しかし、ラオンは、世子様は我慢すべきです。私ではない民のために…この国の世子だからですと諭されます。

ラオンは清に連れていかれます。

ユンソンはヨンの警護人に闇取引の情報を渡し、私はラオンを救えればいいと告げます。

ヨンはラオンを救い出し、私のそばにいろと告げます。

つづく

雲が描いた月明かり あらすじ6話
(感想)

ヨンもユンソンも、かっこよすぎ光るハート光るハート光るハート

私 ラオンになりたいわ〜目がハート




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 18:51 | 雲が描いた月明かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート