スポンサードリンク

2018年02月07日

雲が描いた月明かり あらすじ11話

スポンサードリンク




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで雲が描いた月明かりを無料で見る!

雲が描いた月明かり あらすじ11話

「約束」

尚膳様に声をかけられたラオンは困惑します。

そこに現れた世子ヨンは尚膳になぜその名を知っておる?と詰め寄ります。

尚膳は、私はホン内官(ラオン)の母親に大きな借りがあります。
面倒を見ながら借りを返そうとしましたが、突然離れ離れになり会えなくなりましたと話します。




ヨンは、母親と別れる前の出来事か…ならば尚膳も知っているのか?と問います。

尚膳は、本来なら内官になれない人物だとおっしゃりたいのですか?と聞きます。

ヨンは、今なら借りを返すことができるぞ。王宮にいる間、内侍府の長として、あの者をよろしく頼むと言います。

尚膳は、承知いたしましたと答えます。

そんなある日、ヨンは逆賊として捕らえられた少女を放免しますが
直後に王の食事に毒が盛られます。

キム・ホンは少女とその父親が犯人だと王に報告し、ヨンの結婚を急ぐべきだと進言しハヨンの父にも圧力をかけます。

そんな中、ラオンの部屋で女人の服が発見され、気になった王妃は
ラオンの性別を確認しようとします。

そこにヨンが、そして続いて尚膳が現れ、王妃を諭しラオンを助けます。

一方、ラオンは毒見箸が変色したのに、残った料理を獣に食べさせても死ななかったと聞いて、調べ始めます。

ヨンは真相究明のためチョン・ヤギョンに助けを求めます。

そんな中、ヨンはハヨンに、想いを寄せる女人がいる…と告げます。

そんなある日、ラオンは命の恩人のおじいさんと偶然再会します。

ヨンはラオンと茶山先生が親しそうに話すのを見て、2人は知り合いだったのですか?と尋ねます。

茶山先生は毒味箸の変色が三菜のせいで毒ではないと教え、医官は
この野菜が毒ではないことを知ってるはずなのに なぜ知らぬふりをしていたのでしょうか?と疑問を口にします。

ラオンはヨンに、女人としてそばにいられなくとも想いは変わりません。どうか婚礼をなさってくださいと告げます。

ヨンは、言うな!言うなと言ったろと怒って立ち去ります。

ヨンは茶山先生に、先日お話しした女人とはラオンのことでしたと明かします。

茶山先生は、家と親を与えたいという者ですか?なぜそこまでなさるのですか?ただの内官でしょうにと言います。

ヨンは、内官の姿で現れた私の愛しい人ですと答えます。

茶山先生は、身分の差 運命のイタズラ 障害に打ち勝つため助けてほしいと言いましたね。しかしながら…あの者に必要なのは世子様ではありません。母親に会わせことで世子様に危険がおよぶとしたら?
知らぬふりをすれば世子様とラオンは幸せに暮らせるかもしれませんと話します。

ヨンはラオンに、もしもだ…困難が訪れ何か手放すとしても、私であってはならぬ。約束してくれるか?と手を握ります。

ラオンは、約束しますと答えます。

ヨンは、これで私の願いは叶ったと言います。

ラオンは、どのような願いですか?と尋ねます。

ヨンは、そなたの願いを叶えることだ…母親を見つけたと言います。

ラオンが振り向くと母が立っていました…2人は抱き合って泣きます。

つづく

雲が描いた月明かり あらすじ11話
(感想)

ヨンがキザすぎるとか思ってたけど、なんだか私ハマってきた目がハート
次回が楽しみ〜❣️







見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 23:04 | 雲が描いた月明かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート