スポンサードリンク

2018年02月09日

雲が描いた月明かり あらすじ13話

スポンサードリンク




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで雲が描いた月明かりを無料で見る!

雲が描いた月明かり あらすじ13話

「優しくさようなら」

母の元を訪れたラオンは自分が逆賊の娘だという事実を知り衝撃を
受けます。

ラオンはヨンとの決意し自分の帰りを待つヨンに会うため、母の反対を押し切って王宮に戻ります。

翌日、ラオンはヨンに、お願いがあります。今日一日 世子様にくっついていても構いませんか?と聞きます。

ヨンは、構わんと笑顔で受け入れ、ラオンと幸せな1日を過ごします。





そんな中、ハヨンは世子ヨンに、先日好きな女人がいるとおっしゃいましたよね。それについて考えて見ました。想いを寄せる女人とは結ばれない運命だから婚礼を拒んでいるんですか?私が隠れみのになりますと告げます。

ヨンは、なぜ私に冷たく嫌われても世子嬪になろうとする?と聞きます。

ハヨンは、我が一族の未来のためですと答えます。

ヨンは、一族が栄えても そなたは寂しい思いをすると言います。

ハヨンは、私は構いません。互いの利益のための取り引きですからと
答えます。

一方、キム・ホンは宮中にホン・ギョンネの娘がいるという情報を入手し、彼女を探し出そうと策略をめぐらします。

そんな中、ユンソンは出産前の王妃に挨拶に行くと、赤ん坊の泣き声が聞こえ疑惑を持ちます。

ラオンに危険が迫っていることに気づいたユンソンはラオンを王宮から連れ出すようにビョンヨンに頼まれます。

翌朝目が覚めたヨンは隣で寝ていたはずのラオンの姿がなく、王宮は
物々しい雰囲気になっていました。

ヨンはなぜ騒がしいのか尋ねると、逆賊ラオンを捕らえろという王命ですと聞かされ驚愕します。

つづく

雲が描いた月明かり あらすじ13話
(感想)

ラオンが可愛い目がハート

ユンソンがラオンを連れ出したんだろうか?






見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 20:28 | 雲が描いた月明かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート