スポンサードリンク

2018年02月09日

雲が描いた月明かり あらすじ14話

スポンサードリンク




見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料!のTSUTAYAで雲が描いた月明かりを無料で見る!

雲が描いた月明かり あらすじ14話

「霧のかかった道」

ラオンはヨンが目覚める前に王宮を去ります。

ヨンはラオンの部屋に行ってみると自分が贈った腕飾りが置いてあるのを目にしショックを受けます。

世子嬪に選ばれたハヨンは落ち込んだ様子のヨンに声をかけますが、ヨンの反応は冷たいのでした。

一方、ユンソンは母と暮らし始めたラオンの元を訪ね、ラオンが世子を想って会いたいと思っていることが分かり、さりげなく元気づけます。

そんな中、ついにラオンの正体を知ったキム・ホンは、ラオンが世子襲撃事件に加担していたという嘘を告げてヨンを動揺されます。




ある日、ラオンに尚膳様から手紙が届けられ、父親について話があると場所と時間が書かれていました。

その場所に現れたのは世子ヨンなのでした。

ラオンと世子を会わせたのは陰謀でした。

つづく

雲が描いた月明かり あらすじ14話




(感想)

なんか世子ヨンが段々と男らしく、ツンツンしなくなったのが
いいよね〜〜目がハート
見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓
30日間無料ののDVDレンタルはこちら!


スポンサードリンク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして下さると、記事更新の励みになり嬉しいです。
posted by 韓ドラファン at 21:43 | 雲が描いた月明かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓ドラ」の先頭へすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
[PR]SEO対策ブログテンプレート